RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ワイマラナーのしつけ
JUGEMテーマ:ダメ犬しつけ
 
ワイマラナーという犬をご存知ですか?
毛が短くとても賢い犬だそうです。

ワイマラナーは狩猟犬の一犬種。19世紀初めに作出され、シルバー・グレイの被毛を持つ。初期のワイマラナーは、イノシシ、クマ、シカといった大型獣の狩猟犬として王族によって使役されたが、こういった大型獣の狩猟の人気が落ちると、鳥、ウサギ、キツネといった小型鳥獣の狩猟犬として使役されることになった。獲物を指し示す(ポインティング)能力や、追い出す、飛び立たせる(フラッシング)能力に特化した犬種とは異なり、あらゆる用途に適した狩猟犬である。ワイマラナーは素晴らしい狩猟犬であり、飼育者、家族に対し忠実、友好的で、その家族とテリトリーを守るためには恐れを知らない番犬となる。名前は狩猟を好んだザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国大公カール・アウグスト(en:Karl August)にちなんでいる。

【外観】
ワイマラナーの外見は優美、高貴、かつ力強く、全てにおいてバランスがとれており、見た目にもとても美しい。野外の作業に適しており、天候にかかわらず家畜の見張り、番をこなすが、逆にその作業意欲を発揮させてやらないと問題犬にもなりうる。 アンバー、あるいはシルバーグレイの尾はもともとの長さの1/3程度に断尾され、場合によっては狼爪(足の親指)も除去されることがある。アメリカンケネルクラブのスタンダードでは断尾していないものはペナルティの対象とされるが、ケネルクラブ(英)やジャパンケネルクラブなどのスタンダードでは断尾していないものも認められる。現代では動物愛護の観点から、またヨーロッパでは断尾を違法とする国もあるため、誕生後も断尾をあえてしない場合も多い。

【性質】
ワイマラナーは機敏で非常に活発な犬種であるが、適切にトレーニングを行い、十分な運動をさせてやれるのであれば家庭犬として適している。ただしラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバーといった狩猟犬種に比べると見知らぬ他人に対して社交的ではない。家族とテリトリーに対する守護意識が非常に強く、そのため排他的になりがちで、攻撃的になるのを防ぐために幼犬の頃から十分に社会性を身につけさせなければならない。また、非常に知的かつ繊細、自己解決能力に優れた犬種で「人間の頭脳を持つ犬」と譬喩されるほどである。


アジリティ・トライアル中のワイマラナー狩猟犬としての活動性、忍耐力、持久力を維持し、その能力を正しく評価するためにも、若年期から十分な運動をさせる必要がある。長時間の散歩だけではなく、頭を使うゲームや一緒に遊んだりすることを好む。活動的な飼育者の方が本犬種に必要不可欠な、体力を消費する運動、ゲーム、ランニングをより多くさせてやることができるだろう。 ワイマラナーはかなり神経質で、ときにうんざりさせられることもあるため、飼育者にはうまく犬をなだめ、行動をコントロールできる能力が要求される。特に騒々しく聞き分けのない生後数年の間、飼育者には一貫性のある厳然とした、ただし優しく丁寧なトレーニングを心がける忍耐力が必要である。

ワイマラナーは他の多くの犬種同様に、しつけられていない未熟な若犬が一頭で放っておかれると、自らの欲求のままに家や家具をぼろぼろにしてしまうかもしれない。この結果飼育を放棄されてしまうこともあるが、問題行動の多くはしつけと愛情の欠如、孤独、不十分な運動が原因である。

ワイマラナーは本来狩猟犬であり、強い狩猟本能を持っているということを忘れてはならない。仔犬の頃から慣れているのであればネコとも仲良くするかも知れないが、多くの場合、庭に迷い込んだりした小動物を追いかけ、殺してしまう。農村地帯で飼育されているワイマラナーは、シカやヒツジを追いまわすかもしれないが、こういった本能的な行動は的確なトレーニングである程度抑制することが出来る。適切に訓練されたワイマラナーとは、飼育者の傍らを片時も離れない、仲間ともいえる素晴らしい関係を築くことができる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ワイマラナー スイッチ・オン



【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD





author:犬のしつけ教室, category:犬のしつけ教室, 01:39
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:39
-, -, - -